開業をお考えの先生方

明確なビジョンを持って、開業に向けしっかりと準備しておけば、
診療所開業はきっと成功します。

近年、開業は確実に増えています。地域や診療科によって格差がありますが、厚生労働省の調査によれば、全国の一般診療所の数は、この10年あまりで約15%ほど増加し、およそ9万5千件となっています。

しかし、それに比例して診療所の患者数も増えているかというと、こちらは必ずしも増えているわけではありません。言うなれば“パイの奪い合い”という状況が起こっているのです。加えて、平成20年4月の後期高齢医療制度の制定は、診療所・病院経営に非常に大きな影響を与えつつあります。

 

だからといって、すべての診療所が減収を余儀なくされているかというと、決してそうではありません。確実に患者数を伸ばし、成功しているところも少なくありません。
つまり、“明”と“暗”の二極分化、“勝ち組”と“負け組”がはっきりしてきたということが言えるでしょう。

明確なビジョンを持って、開業に向けしっかりと準備しておけば、診療所開業はきっと成功します。逆に、中途半端な気持ちでは開業は成功しません。そのことをよく認識した上で、開業を前向きに考えてみてください。

 


開業に向けて・・・

次の3つのことが重要な点となります。

1. 開業医の現状は決して甘いものではありません。
必ず成功させるという意志と、開業してどのような医療を患者さんに提供していきたいのか、という明確なビジョンを持って開業に向かうことです。

 

2. 開業は医師一人でできるものではありませんから、よく周囲の方と相談して、協力を得ながら取り組んでいくことが重要です。

 

3. 開業には様々なプロセスと手続きがありますから、専門家のサポートが必要です。
開業前だけでなく、開業後もずっと付き合っていける、人間的にも能力的にも信頼できるパートナーを選んで、二人三脚で進めていきます。

 

しかし、いくら忙しいからと言って、専門家に任せきりにするのはよくありません。
開業するのは先生なのですから、ご自身でしっかりと考えて、開業に向けてのプロセスを掌握しないと、思わぬ落とし穴にはまる危険があります。よく注意してください。


成功する開業に向けての心構え

(1)先生の決意
(2)周囲の方々の同意と協力
(3)信頼できるパートナー

開業支援

新規開業に関するあらゆるご相談にお答えし、想い描いているものを形にしていきます。
事業計画から開業後のサポートまで、トータルでお手伝いさせて頂きます。

 

意志決定
予定地(商圏分析)
事業計画(資金繰計画)
資金調達(有利な創業者融資など及び助成金)
設計建築
機械等納入
スタッフ・従業員(採用手順や面接・契約)
広告宣伝
提出書類(各種官公庁届出)
オープン

開業スケジュールはこちら

 

まずは安心してオープンまで、お客様と一緒に基本方針を立て、将来を見つめながら事業計画を確立します。
オープン後ももちろんサポートいたします。事業の成長・発展に向けてアドバイスさせていただきます。


お電話またはメールにてお気軽にご相談ください。

その後、日程調整をし、お客様の必要書類をご準備いただき担当者と実務的な打ち合わせをさせていただきます。
お気軽に相談ください。
毎月、第一・第三土曜日に開業相談会を開催しております。

 

Tel.076-452-2555

メールフォームでのお問い合わせ