スタッフブログ

2020年10月23日(金)

【歯科マーケティングヒント!】Withコロナ、口腔ケアの重要性を呼びかけよう

口腔ケアにウィルス感染予防効果があることが確認されています。

高齢者、妊婦、糖尿病、心疾患、呼吸器疾患や人工透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤治療をされている方などは特に大切です。

ところが、多くの方がこの事実を知らず、新型コロナウィルス感染症への警戒から歯科診療を敬遠しているケースがあると思われます。なんとか患者さんに歯科医院は感染リスクが低く安全であること、そして、口腔ケアが感染予防に重要であることを伝える工夫が必要になってきます。

 

まだ患者数が回復していない医院が多い状況ですが、ある県の歯科医師会で会員アンケートを取った結果、6、7月の患者数を昨年と比較すると87%のクリニックで減少したとの回答がありました。その内、40%以上減少したというクリニックが39%ほどにもなったそうです。

すでに回復しているクリニックは競合する他のクリニックよりもどこかで患者さんに選ばれているわけです。その要因が、クリニックからの情報発信にある可能性があります。コロナ感染予防を武器に、昨年よりも多くの患者さんを集め、医業収益を伸ばすことができれば災い転じて福となすことができるかもしれません。このため、これからも患者さんに来院を呼びかける必要があると思います。

 

 その意味で院内ポスターや患者さんに配布していただくチラシなどが重要です。
 今回は、そのチラシの例を用意しました。新型コロナウィルス感染対策として、口腔ケアと歯科受診が重要というものです。治療完了の患者さんに先生から説明頂いたり、SPTや歯周病重症化予防治療の患者さんに歯科衛生士から手渡してご家族にも案内していただくよう伝えることで、継続的な患者さんが増えるだけでなく口コミから初診患者さんが増加する可能性も出てきます。
集患対策の参考となれば幸いです。

以上

 

2020年10月04日(日)

マスク

最近はまっているもの。マスク。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、店頭からマスクが消えるという騒動からはや半年。

他にもハンドソープや消毒液が消えたり。

なぜかトイレットペーパーが消えたり。

果ては消毒液を入れるためだそうで、小型詰替ボトルが100円ショップから消えるという💦

今では使い捨てマスクはどこでも手に入るようになりましたが、布製マスクも数多く見られるようになりました。

もはやファッションの一部になりつつあるように感じます。

使い捨てマスク一択の私でしたが、街中でかわいいマスクをしている人を見かけ、それでは一つ購入してみようと思ったのがはじまりです。

不器用なため、手作りは一切できません(笑)

購入したものがこちら。主にインターネットで購入しています。

その日の服装に合わせてつけていますが、明るい色のマスクをつけるとなぜか気分が上がりますね!

 

次はこちら

担当のお客様の手作りマスクを頂きました。

家にあった布で作っておられるとのこと。

尊敬します!!!

 

そして、私の大のお気に入りマスクがこちら。

反対側は……

 

実際につけるとこうなります。

源氏物語か、竹取物語か。

はたまた織姫と彦星か。

あ、彦星は牛飼いだから違うか。など考えてみたり。

お客様のお店で販売されており、一目惚れして即買いしたものの、つけて外を歩く勇気はまだありません(笑)

 

最後はこちら

PITTAMASKという日本製のマスクです。

小顔効果もあるそうです。実際のところはわかりません(笑)
マスクをつけることが日常になった今、化粧品、特に口紅の売上が減っているとか、マスクのせいで肌荒れを起こしやすいなど影響は各方面にありそうです。

一方、マスクやソーシャルディスタンスのおかげでインフルエンザなど他の感染症の流行は抑えられるのではないかという期待もあるそうです。

何はともあれ、しばらくはウィズコロナ。

マスクをつける日常は煩わしさもありますが、それを楽しみに変えていけたらいいですね。