スタッフブログ

2020年07月09日(木)

オススメの本

押田会計では朝礼の際にラジオ体操と2分間スピーチを行います。

毎朝、各職員の個性豊かなラジオ体操姿が見られるのですがそのお話は次回に取っておきまして、

今回は2分間スピーチについて。

 

自分の伝えたいことを2分間にまとめてわかりやすく話すというのは、お客様と対面してお話しする時の練習になり、とても貴重な時間だと思っています。

とはいえ、朝礼で職員全員の前でスピーチをするというのは全員知った顔の前でも緊張するもので、毎回朝礼当番の前日にはドキドキします。

スピーチには毎回テーマがあり、職員全員1周するのですが、

 

今回のテーマは「自分の好きな本」

 

まだまだ自粛ムード残るこの時期にピッタリのテーマですね。

ここで私の印象に残ったスピーチを紹介したいと思います。

 

まずは、入社2年目突入フレッシュOさんは

「ぐりとぐら」という絵本。

自分が子供の頃好きで、今は姪っ子ちゃんに読んであげているとのこと。

エピソードがかわいすぎました。

 

そのちょっと先輩のKさんは、

司馬遼太郎作「燃えよ剣」

新選組副長、土方歳三の生涯を描いた作品で

夏には岡田准一さん主演で映画が公開されるとのこと。

普段のチャラい姿からは想像できない(おっと失礼)重厚な作品を読んでいるのだとビックリしました。

 

そして押田会計・スピーチ上手い選手権優勝の

H氏(私の独自の見解です。ご了承ください。)

Hさんの紹介された本は

塩野七生作「ローマ人の物語」

ローマ建国から西ローマ帝国の滅亡までを描いた作品で15巻まであるそうです。

Hさんのたった2分間の紹介ですごく興味が湧いてきた私は、早速本屋さんへ向かいました!

文庫本派の私。

文庫本だと43巻もあり、ちょっと怯みましたが1冊が薄めのためちょっとした空き時間に読んでみたいと思います(^^)

 

それにしても、オススメの本の紹介というのはその人の素顔を垣間見られるようでなかなか面白いものだと思いました。

皆さんもオススメの本がありましたら、ぜひ我々職員に教えてください!!